2012年06月14日

本田圭祐の存在感

アジア最終予選・日本対オーストラリア

結果は1−1の引き分け
両チームが勝ち点1を分け合いました。
結果はともかく、内容はまさに”エンターテイメント”
でも、これは50%以上、レフリーが作った娯楽

良い意味でも悪い意味でも、審判がゲームを左右することが出来る。
サッカーのルールは意外と曖昧
”GK以外、手を使ってはいけない”
このルール以外、素人にはわかりづらいルールがたくさんある
だから審判も正直大変だと思う

でも、この試合のジャッジは頂けない!
内田へのイエローもそうですが、一番頂けなかったのは試合最後のシーン
ロスタイムギリギリでの日本側FKの場面
本田圭祐がボールをセットし、助走を始めたその時、試合終了の笛が会場に轟きました…
これはさすがにありえない!
だったらFKの前に吹けよ!と言いたくなる
私のサッカー観戦史上、初めて見た光景
正直、笑っちゃったくらい
ホイッスル瞬間の本田選手の表情、たぶん日本中が同じ表情だったと思う
FKを蹴っていれば得点出来ていたとか言うつもりは毛頭ないですが、このジャッジは明らかにおかしい…

でも、これこそがW杯予選
これぞアジア最終予選

これまでもいろいろあったけど、こんな”衝撃”はなかった
でも、こういう試練も吸収しながら進まないといけない

試合自体は最初に書いた通り、エンターテイメントに溢れた好ゲーム
でも、審判によって巻き起きた部分が大きい…
「静かに見守りたい」とか前回ブログで言いましたが、さすがにこの試合は黙っていられません!
でも、これも含めて最終予選
こんな馬鹿なジャッジも覚悟しなくていけません

imagesCAMQHH7S.jpg
そんな試合の中で、やはり光り輝いたのが日本代表・4番”本田圭祐選手”

今や日本どころか、アジアを代表するアタッカー
(この人が星稜高校にいた事実が、今となってはとても不思議感じ)
彼にボールが渡ると何かが起きる予感が身体中から溢れている
このレフティーは出場全選手の中でもかなり異質
でも、不思議と違和感がない
存在感は抜群
でも、他を圧迫している訳でもない
香川にはない部分
もっと言えば、香川に欠けている部分
風貌や言動より、そのプレーから垣間見る”存在感”
ちょっとやそっとで真似出来ない、そんな存在です。

長丁場の最終予選
1年の戦いの中で、怪我やクラブからの召集拒否は必ずある
その時、本田に代わりうる選手の構築、戦術こそが現日本代表の課題
次は9月、対イラク戦
監督は元日本代表監督のジーコ
9月は欧州各国リーグが開幕しています。
本田はもちろん、香川や長友、長谷部に岡崎、宮市、酒井なんかも、もしかしたら呼べないかもしれない
なので、今後は国内組の底上げ、オリンピック組の成長が望まれます。
目標はあくまで2014年ブラジルW杯
今、無理にベストメンバーで戦う必要なんて全然ない。サブの底上げの方がよっほど重要
個々の能力向上を望むなら国内組や若手主体で戦うのも1つ
マスコミやサポーターも同様
毎試合ベストメンバーを揃えろ!では、”12番目”が育ちませんよ
それより、今は”ニュースター誕生”を望みましょう
今、僕たちにも忍耐が求められています。

とにかく、色々あった1戦でしたが、この結果で日本の予選突破はグッと近づきました。

とりあえず、7月のロンドン五輪でニュースターが現れるのを楽しみながら待ちましょう

                                                        (kuni)


T師匠情報:「やべっちFC」でこの試合を予想していた、元日本代表で元ツェーゲン金沢所属の”クボタツ”こと、久保竜彦さんの予想をみてビックリ!久保さんの予想通りの結果!
凄いのひとことです…
SN3R0666.JPG
引退はほんとうに残念…
でも、ホント怖いくらいの予想!
posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年06月11日

魅惑の世界へ 〜 0トップx進化系”カテナチオ”

まさかスペイン代表で見ることが出来るとは…
グループリーグB:スペイン x イタリア戦の話

2010年南アフリカW杯、日本代表がMF系の3人(本田、松井、大久保)を前線で横に並べて挑んだ”0トップ”
スタメンにFW系の選手がいない…でも、これこそが”理想的なシステム”
あの時の日本はこの衝撃的な変化で世界を驚かすことに成功しました。
あの衝撃をまさか現世界王者・スペイン代表が行なうとは!
僕はどちらかというと弱者的発想だと思っていた0トップシステムを、王者である”あの”スペイン代表が披露するとは夢にも思わなかった
たしかに攻撃的MFに人材が多いスペインなら発想としてありえるのですが、まさかここで行なうとは…
デルボスケ監督の苦肉の策ともとれる”0トップ”
F・トーレスが本来の状態ならこのシステム採用はなかったかもしれません
でも、これだけの個人技があるメンバーで、まさかのFWゼロシステム!
もうビックリです

が、イタリアのスターティングメンバーをみてさらに興奮!
イタリア代表・ブランデッリ監督も負けていません!
90年代を席巻し、今はどのチームも忘れてしまったシステム”3−5−2”をこの大事な初戦で、それも優勝候補・スペインにぶつけてきました。
でも、90年代に流行した3−5−2とちょっと違うのはピルロの位置取りとカッサーノのポジショニング
ピルロはトップ下よりもう1つ下がったボランチの位置からゲームを作り、2トップの一人カッサーノはウイング然とサイドへ
4分割するなら3−1−4−2
ウイングが下がってしまうことで5バックなってしまい、ポゼション率を下げ、攻撃の出発点を低くしてしまうという、危険で後ろ向きな旧3−5−2の懸念部分を、改良して進化させた新3−5−2ともいうべき”カテナチオ”システムを披露

8e225c39-0616-4849-aa8c-999bfa6c03e8_n.jpg
ベテラン・ピルロは今もイタリアに欠かせない選手

試合は”0トップ x 旧システム”の様相
でもこれが予想を反して、旧システム進化バージョンのイタリアが攻勢
デルボスケの0トップを予想した結果か、最初からこれでいくつもりだったのか定かではないですが、プランデッリの”進化系3−5−2”は王者を十分苦しめました。
悪童・バロッテッリもなんとか落ち着いてプレーしている
こんな好ゲームで退場者が出てしまうほどつまらないものはない

もし、イタリアが4−2−3−1や4−4−2で来ていたら、スペインはもっと楽に試合を運んでいたかもしれない
バルセロナ=スペイン代表と飛躍するならば、バルサ退治にはこの”3−5−2”が有効なのかもしれない
まさに”温故知新”
これはある意味、革命かもしれない…そう思えるほどの濃密でエレガントなゲーム

201206110002-spnavi_2012061100003_thumb.jpg
イニエスタ選手はキレキレ!ファウル以外止められない状態

結果は1−1の引き分けでした
両チーム、2戦目はどう戦うのか?
1戦目が良かっただけに両監督は難しい選択に迫られています
このまま行くのか、それとも変えるのか?
ただ、スペインは多少修正してくる可能性がある
前線にFWが不在の為、裏へ飛び出す選手がいない
当然カウンターは皆無
F・トーレスが交代で入った時の方がイタリアDF陣には脅威だったはず
でも、そのF・トーレスは今絶不調…
彼が”普通”に戻るだけで、スペインはさらに20%くらい強くなる
逆に言えば、Fトーレス以外にスペインには確固たるストライカーがいないのが弱点
191291hp2.jpg
フェルナンド・トーレスの復活が待たれます

注目の”死のグループ”、グループBも初戦を終えました。
オランダがまさかのデンマークに完封負け
デンマークがオランダに勝つならこれ以外ないという試合でした。お見事としか言いようがない
でも、僕は確信しました。オランダはやっぱり強い!
もう1つの試合、ポルトガルxドイツ
両チームとも当たり障りのない、低調なパフォーマンスに終始した結果、ドイツがマリオ・ゴメスのヘッドで1−0の勝利
ポルトガルはストライカーの”質”で完敗した。簡単に言えばそんな感じ

今日の深夜はイングランドとフランスが初戦を迎えます。
これも注目です。

クロアチア、ロシア、デンマークは好発進
ポルトガル、オランダは早くも苦境を迎えました
皆さん、今週も楽しみましょう

                                                       (kuni)
posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 12:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2012年06月04日

魅惑の世界へ 〜 フットボールの現在

アジア最終予選もいよいよ始まりましたね
昨日の試合、日本代表はオマーン代表に3−0で完勝
上々の初戦でした
b2606958-6131-4a58-993a-60a0dc1c16d5_n.jpg
やっぱり本田圭祐がいると日本は安定する

まずは今週、来週にかけてオマーン、ヨルダン、オーストラリア(イラク戦は9月)と立て続けに試合があり、約1年をかけてホーム&アウェー戦を繰り広げます。
正直、日本が普通に戦えば予選突破は難しくない
今の日本代表の実績、選手層をみればこれが現実
ただ、過去に照らせばアジア予選は何が起こるかわからない
”絶対負けられない戦い”
ATVは毎回、相も変わらず異様なまでに大騒ぎしていますが、たしかに絶対負けられないのは事実
でも、あくまで本番はW杯
ブラジルへ行って当たり前!というサポーターのプレッシャーに勝って、楽々予選通過するのを僕は静かに見守りたいと思います。

アジア最終予選も楽しみですが、ユーロはもっと楽しみ!
欧州ではいよいよ”ユーロ2012”が今週から始まります。
近年、世界のフットボールをリードしているのは間違いなくヨーロッパです。
すべての要素において、欧州こそが世界の中心であることに疑いの余地はない
その世界一のフットボール地域で欧州一をかけた戦いが始まります
”ブラジルとアルゼンチンがいないW杯”
こう表現する人がいるくらい、レベルはW杯となんの遜色もない
この大会は”現在のフットボールの流れ”がわかる大会です
images.jpg
今大会、僕のイチオシ選手は、ドイツ代表MF・エジル選手
レアルマドリッド所属のレフティー

4年に一度、流行はここから世界へ伝播します
4年前はスペインの進化系ポゼションサッカー到来
その4年前はジャイアントキリング成功の鍵
そのまた4年前はスター選手依存の終焉

今回はどんな大会になるでしょうか
また眠れない1ヶ月が始まります

                                                           (kuni)

下記、わたくしの友人達による決勝予想の一部紹介
T師匠 フランスxドイツ
Nくん オランダxイタリア
私   オランダxドイツ

みんなあえて”本命”スペイン外し
大丈夫?
posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 19:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月29日

晴れ、突然「雨」

SBSH0654.JPG

ここ最近、天気予報が中りません…

朝出てくるときのテレビの天気予報は「晴れ」
通勤時に聞いてたラジオでも予報は「晴れ」
でも、今現在(17:20)は思いっきり雨
なんで?
僕は基本、内勤だからまだいいけど、外仕事のみなさんは大変…
天気予報は今の時代、占いや予言ではありません
科学的・物理的観点に裏付けされた予報です。

昔は雨乞いや天災回避は神事の1つでした
科学の発達によりここ数百年で劇的に変化した物って?
交通手段、情報伝達方法、医療、そして、気象観測
科学や物理学の目覚しい発展で、現代は様々なことの”先”が見える時代
でも、地震や竜巻、豪雨などの”天災”はまだまだ予知できていない。
何百年後に予知できる時代がくるのでしょうか…
とにもかくにも、さっきまでは「まったく、最近の天気予報は…」と嘆いていた僕ですが、よく考えると凄い時代なんだなと

お天気リポーターを責める前に、地球の心配をしなくては…
これは明らかに地球からの警告です
太陽活動が原因とか、宇宙の営みが関係しているとか、環境破壊が原因とか、いろいろ言われていますが、どんな変化にも生物は何万年も生き続けてきました。
すべての生物に備わる”適応力”はその変化に対応して命を繋いできました。
だからこの変化にも対応できるはず
地球に優しくない生活を続ける僕に、何かを言う権限はないのかもしれませんが、でも、ここ最近の異常気象を見ると何か行動しなくてと思います。
急には変われませんが、少しずつでも生活を変化していかなくては!と思った”突然の雨”でした…

                                                                           (kuni)

posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月28日

贅沢な景色

昨日は7月参加予定の”ハーフマラソン”完走を目指し、N&Sと一緒に練習ランをしてきました。

距離約12キロ
能登有料道路・白尾IC〜高松ICに並行している側道を往復
途中、会社が近くにあるので、そこでちょっと休憩
”移動給水班”Hもここで合流(ありがとう)
そこから木津の町を抜け、また来た道バック
2時間かけて無事完走?しました。

260px-Toyama-wan-Uozu.png
なにが凄いって、昨日走ったこのコース、日本海を望む海岸線で、信じられないくらい景色が素晴らしい!
まさに”オーシャンビュー”
眼前に広がる雄大な海原、心地良い風、そして、すれ違う地元の人々の温かい笑顔
必ずと言っていいほど、すれ違うほとんどの人が会釈してくれます。
この辺りに住む人は気さくで温かい人がほんとうに多いと思う
都会のランナーにはありえない“練習コース”
僕は車で数十分かかりますが、N&Sは数分
なんて贅沢なんだろうとあらためて感じたコースでした。
SBSH0113.JPG


2012年7月1日、2年ぶりに”ハーフマラソン”に参加します。
21.0975`
長い…
ハーフでこんなに長いのにフルマラソンなんて想像も出来ない…

僕はとんでもなく遅いんですが、自分にとっては参加することに意味がある!と、言い聞かせてます〜
場所は”能登島”
ここも素晴らしい”オーシャンビュー”
数年前、僕の”マラソン師匠”Tさんと、”愛しい相方”ノザキさんと走ってから、この大会のファンになりました。

Nくんは初参加、Sくんは2回目、僕は…たしか6回目

マラソンは自分の限界との戦いです。
この1ヶ月しっかり練習して、当日は”楽しく”走れるように頑張りたいと思います。

                                                          (kuni)

いよいよ”ユーロ”が来週(6/8)から始まります。

関係各位の皆様、決勝予想お待ちしております。
posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月17日

森のアート 〜 シロクマのキャンプ

たまには仕事の話題

スタイリストゴトウ x BOSCO x 気谷で進めてきた企画プリント生地”森のアートシリーズ・シロクマのキャンプ”がようやく完成しました。

SBSH0647.JPG

作るキッカケは、石川県・津幡町で開催されている「森の青空アート」というイベントが発端
G社長がPOPをみてデザインに一目惚れ
これを生地にしよう!ってところから企画が始まりました。
出会いやキッカケとはいつも突然やってきます。

生地の詳細は mori-art01.pdf をご覧ください。

北陸随一の手芸・洋裁のお店”スタイリストゴトウ”で現在販売中です。

バックや小物、タペストリーなど、いろいろ作ってみて下さいね!

                                               (kuni)

*ちなみにキルティングもありますよ

posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月16日

今シーズン終了…そして”ユーロ2012”へ

2011〜2012シーズンが終了しました。
サッカー欧州主要国リーグの話です。
後は5月19日のチャンピオンズリーグ決勝を残すのみとなりました。
ちなみに、CL決勝カードはバイエルン・ミュンヘン x チェルシー
僕の予想・希望を大きく外す結果となりました。
アウェーゴールルールの威力は発揮されることなく、PKという”偶然の産物”で両試合は決しました…
バルサもレアルも運がなかった…
それ以上のコメントがない
でも、勝った2チームとも素晴らしいチーム
決勝戦はどうなるでしょうか?
楽しみです

各国主要リーグは優勝が決まりました。

まずは、イングランド・プレミアリーグ
603235d2-3834-43e5-bd1b-0ae633dc98a7_s.jpg

44季ぶりにマンチェスター・シティーが優勝
マンチェスター・ユナイテッドとの同率首位で迎えた最終戦、ロスタイムに同点、逆転と、身震いするような劇的な優勝を決めました。
マンチーニ監督は”アウトロー”な選手を良くまとめ上げ、44年ぶりの優勝を勝ち取りました。


スペイン・リーガエスパニョーラはレアルマドリッドが4季ぶりの優勝
431aef0b-f3ad-41d7-bdca-7a3d2db3f392_s.jpg

なんと勝ち点(1試合で勝ちが3ポイント、引き分け1ポイント)が100ポイント達成!
総得点も117ゴール!異常なほどの数字で優勝
でも、一番凄いのは”世界最高チーム”のバルセロナを抑えて優勝した事実です。
今季の”クラシコ”の成績はレアルの1勝1敗
お互いがお互いのホームで負けるというドラマチックな結果
ここ近年で一番ハイレベルなシーズン
不満がを1つ挙げれば、2強に並ぶチームがいないこと
でも、ヨーロッパリーグをみればスペインリーグ所属チームがゴロゴロ勝ち残こり、EL決勝はスペインリーグ同士の決勝戦(Aマドリーがビルバオを下して優勝)
今季もスペインリーグのレベルの高さをあらためて示しました。


イタリア・セリエAはユベントスがなんと無敗優勝!
r.jpg

名門・ユーベは数年前、八百長事件でセリエB降格を味わい、地道にチーム再建を続け、ようやくつかんだ栄光です。
無敗優勝は92年シーズンのACミラン以来の快挙
監督のコンテはユーベの元スター選手
地味ですが、選手を鼓舞し、負けないサッカーを確立することに成功しました。
ちなみに、長友選手所属のインテルは6位
今年は厄年?と思えるほどの今季、2度の監督交代からよくここまで持ち直したっていうのが正直な感想
リーグ終盤、ミラノダービーでACミランを破り、ライバル・ミランの連覇を阻んだ事が今季最大のハイライトでしょうか


ドイツ・ブンデスリーガはドルトムントが連覇を達成!
03e97676-6eeb-463c-a4eb-3d9ca86ccff2_s.jpg

ドイツカップも合わせ、今季2冠
なんといっても”シンジ・カガワ”こと、香川真司選手抜きには語れないシーズンでした。
同胞という贔屓目を除いても、今季の香川は凄かった
昨年よりさらにスキルアップし、今季は怪我もなく、ハイクオリティーなプレーをシーズンを通して披露しました。
とにかく、今季もドルトムントは強かった…バイエルン、シャルケなど、強豪チームを寄せつけない強さを発揮
選手層の薄さ、若手主体というチーム事情の中、組織的にまとめたクロップ監督の手腕をあらためて示したシーズンでした。
なによりドルトムントサポーターの熱狂的な応援にはビックリ!世界一熱いサポーターと言いたくなるほどです。


こうして各国主要リーグは終了しました。
これから来期に向けて補強や移籍が行なわれ、また8月末から新しいシーズンを迎えます。

そして…
いよいよ6月8日、4年に一度行なわれる”欧州選手権 ユーロ2012”が始まります!
欧州一の座を懸け、予選を勝ち抜いた16カ国が熾烈な戦いを行ないます。
今度は”代表戦”です。
各リーグで培った技量を持ち合い、国の代表として欧州王座を目指し戦います。
今回はポーランド、ウクライナの共催です。
北欧での大会
ということは、夏でも涼しいということかな?
「暑い大会はつまらない」との常識からすると、今回は面白い大会になる可能性は高い?

優勝・・準優勝はどこの国でしょうか?
決勝進出国2チームを予想してみませんか?
みなさんの予想、お待ちしております。

6/8 いよいよ4年に一回の、もしかしたらW杯よりレベルの高い、ユーロ2012大会を是非お楽しみに

                                                                      (kuni)

追伸:
バルサ監督・グアルディオラ監督が辞任。この3年余りで今世紀を代表する監督の一人になりました。早く違うチームで指揮する姿をみてみたい。
宮市亮所属のボルトンが2部降格。来季はアーセナルへ戻ってレギュラー掴んで欲しい。
posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月07日

「満腹グルメ&ついでに観光も」ツアー

GW2日目、強行日程で”静岡・山梨 日帰り満腹グルメ&ついでに観光ツアー”へ出発
とにかく食べまくり、たまに観光しちゃう
これがわたしの休日最高の過ごし方
メンバーは”チームくにお胃袋班”5名
交通事故が多発している昨今、運転者の負担軽減と時間的余裕を考慮し、3日の夜中にダラダラ出発

まずは福井県南条SAで”おろしそば”
意外と(失礼)おいしい!
福井のそばは本当に旨い

5時、静岡県浜名湖SA到着
ここで3時間ほど仮眠

目指す1軒目のお店の開店が11時
とりあえず浜松駅周辺で2時間くらいぶらぶら散歩
CA047SL5.jpg
喫煙目的で入った喫茶店でなぜかK&Sは”朝ケーキ”
どんなん?

いよいよ待望の1軒目が開店する時間
浜松と言えば”うなぎ”
2年前にも訪問したお店”うな炭亭”

もうみんな旨さにうっとり…
ほんとうにおいしい!
SBSH0627.JPG
大満足です

浜松を出て静岡市方面へ
2軒目は”しらす丼”
でも目指したお店は大行列
「生しらす丼は完売です」ということで、違うお店を目指し富士市へ

着いた場所は富士山が眼前に広がる絶景スポットが売りの”道の駅”
でも、富士山は曇って見えず…
2年前もそう
僕と富士山の相性は最悪…
新幹線や飛行機からもまともに見えたことがない…
僕なにかしました?

愚痴もそこそこに、道の駅内にある食堂で念願の”生しらす丼&桜エビ丼セット”を注文
CAMNYUBX.jpg
旨い!
生しらすとか桜エビとか、あまり石川県のお店で見ない

3軒目は”焼きそば”
目指すはもちろん”富士宮”
CAY2IA14.jpg
B級グルメの王者・富士宮やきそば
富士宮は流鏑馬祭りの真っ只中
人混みを避け、会場から少し離れた場所にあったお店へ
SBSH0632.JPG
偶然みつけた店”ひまわり”
ここでもやっぱり行列
でも、待った甲斐あった
imgba09a334zik3zj.jpg
単なる焼きそばと侮ることなかれ
モチモチした麺と絶妙ソースの風味が相まって、これぞB級グルメ王者!って感じ
わざわざ遠くまで食べ来て良かった

焼きそばを堪能し、次どこ行こうかと悩んでいると、焼きそば店のマスターから「帰りに寄ってみたら」と勧められ、白糸の滝へ
SBSH0634.JPG
有名な滝なんですよね
僕は知りませんでしたが…
さすが”天然記念物”
マイナスイオンたっぷり
駐車場から滝まで歩いて移動
お腹いっぱいのせいか、歩くのかなり辛い…
でもいい運動になりました

白糸の滝を出て、ようやく石川県に向かって出発
帰路は山梨県を経由するコース
右に富士山をみながらのドライブ
もっとみえていたら最高のコース

疲れ?を癒すため、山梨県内でお風呂に入ることに
八ヶ岳にあった日帰り温泉”パノラマの湯”
露天風呂は圧巻
日中は露天から富士山がみえる!らしい…
夜は月と星が見事に見えました
(女性班Hは人が多すぎて入浴出来ず…残念…)

これにて”満腹グルメ&ついでに観光ツアー”終了
あとはゆっくり帰るのみ

と、思いきや、なぜかお風呂に入ると小腹が空いて?途中の長野ICで降り、上越方面に向かう途中の国道沿いにあったラーメン屋に入店

”狼煙”という豚骨ラーメン専門店
2012-05-05 001316.jpg
ガッツリ、ラーメンとギョーザを頂きました

これにてホントにツアー終了
もうなんも入らん…
大体、今回の旅の総カロリーってどんだけねんろ?
知りたいような、知りたくないような…体重計に乗るの怖い…

こんな馬鹿なツアーに毎回付き合ってくれる5人に感謝感謝
そして、みんな運転お疲れ様でした。

今度はどこ行こうかな〜

                                                         (kuni)

次の日、N社長&Tさんの”ゴチ”で鮨屋へ
SBSH0638.JPG
なんやかんやでやっぱ石川が一番!?

てか、自分の胃袋が怖い…
posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月01日

暴れん坊将軍

”暴れん坊将軍”
言わずと知れた超有名時代劇ドラマ
主演は松平建

なぜ突然こんな話題かと言うと、昨日、CSでたまたま放送していたのを見たから

いや〜素晴らしい!
ほんと面白かった!
物語は基本的に勧善懲悪物
簡単に言うと、悪玉を退治する善玉の物語
なにが凄いって、設定が凄い!
あの八代将軍・徳川吉宗公がモデル

時は江戸中期、世にはびこる悪徳商人、悪代官などを、将軍・吉宗公が姿や身分を変え市中に自ら赴き、悪行を暴き成敗するストーリー

時の将軍がちょこちょこ江戸の町に外出…そしてめっちゃ強い!ほぼ敵なし
子供のころはなんの疑問も持たず、ただ楽しく観ていましたが、大人になってみるとかなり強引な設定だな〜と
でも、水戸黄門も必殺仕事人も、みんなありえない設定

殺陣も実にシンプル
最強とはこのこと
昨日観たのはスペシャル版でしたが、ラストの殺陣はまさに圧巻
忍者十数人相手に吉宗一人で斬りまくり

時の将軍が敵の屋敷に乗り込み、バッサバッサ斬りまくる光景は常識を超え、ただ爽快感だけが漂います。

images.jpg
また吉宗公役の”マツケン”こと、松平建がかっこいいだなぁ〜これが

でも、今のイメージは…
imagesCAS5387D.jpg
あの当時、誰がいったい”マツケンサンバ”を想像出来たでしょうか?
あれから彼になにがあったんでしょう…


閉塞感が漂う現代
あの頃の時代劇にはハッキリとした道徳が存在します。
”勧善懲悪”
悪い事をした者を成敗する
今こんな簡単なことが出来ない時代
最近の事件・事故をみていてそう思いませんか?
被害者のプライバシーは無視
加害者、特に未成年者の情報は過剰に保護
こんな理不尽なことってありますかね…

また話が脱線しましたが、とにかく、スカッとします!

DVDでみなさん観てみて下さい。
きっとストレス発散になりますから

                                                        (kuni)


ぼくの大切な親友Aが就職することになり、先週お祝いパーティーを開催しました。
いろいろありましたが、結果的には良かった
あらためて人生に大切なことは”縁”であることを痛感した夜でした。
ほんとうにおめでとう!


posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月27日

酒場ラビリンス 新橋篇

昨日まで東京に行っていました。
もちろん仕事で

東京は暑い…
どこが暑いって、施設の中が暑い…
都会の人は寒がりなんでしょうか?
僕たちが暑がりなんでしょうか?
よくわかりませんが、とにかく、電車もホテルも飲食店もイベント会場も、全部暑い…
そのかわり、外は快適!
ちょうどいい気温
風も心地良い

ということで、わたくしはいつもの仲間と”オープンエアで酒盛り”
場所は新橋駅鳥森口近くの居酒屋
2時間外で立ち飲み状態でしたが、居心地良いったらありゃしない!

でもこれは2軒目のはなし

1軒目は普通に店内で
SBSH0601.JPG
場所は東京でチェーン展開している店「加賀屋」

SBSH0605.JPG
ここでのお楽しみは”ハムカツタマゴ”

SBSH0606.JPG
名物?
旨い…
まさにゴールデンメニュー
金沢には絶対ない(と思う)

SBSH0602.JPG
そして、もちろん”煮込み”
これに合わすのはもちろん”ホッピー”
最強です…

ホッピー
僕は”黒” Eくんは”白”
東京以外であまり出会わないお酒
大阪人Fくん曰く「なんやねんこれ?」
けど、時間が経つにつれ、「なんやねんこれ、旨いわ〜」
どないやねん!
ビルの2Fにある支店ですが、早い時間からもうお客さんでいっぱい!
6時半には満席状態でした。


2軒目はフラフラしながらみつけた店「やきとん まこちゃん」
店内には入れないけど外でしたらどうぞ!ってことで、オープンエアで乾杯!
SBSH0607.JPG

よくよく店名をみたら、偶然、僕が敬愛する”吉田類さん”が以前訪問したお店

いや〜これだけでも”ヤバイ”のに、ここの煮込みとやきとんはもっと”ヤバイ”
ミーハー心と開放感が相まった最高の酒場でした。

締めはいつも?のラーメン
SBSH0611.JPG
今回はオジサンたちがたくさん並んでいたので、僕たちも並んで入ったお店「三田製麺所」
つけめんが有名らしく、みんなつけめんをすすっていました
てか、旨いけどお腹いっぱいで苦しい…

これにて新橋・酒場ラビリンス終了

いや〜やっぱり江戸は素晴らしい!
まさにラビリンスです。
東京へ行かれる用事のある方は是非、新橋西口通りへ
ここは酒場天国ですよ!


最後にもう一度、仕事で東京来ていますから
あしからず

                                                      (kuni)
posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記