2013年05月02日

ゲルマンの栄進

欧州フットボール界は今が佳境

日本のJリーグは始まったばかりですが、欧州は9月〜5月までがシーズン(いわゆる秋春制)

その為、欧州各国リーグ、CL、EL(ヨーロッパリーグ)もいよいよファイナルを迎えます。

日本でもニュースになったイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドのリーグ優勝

香川真司選手所属のチームがリーグチャンピオンになりました。

今季は大活躍とはいかなかったですが、チームが優勝という結果は素晴らしい

昨日はCL(チャンピオンズリーグ)の決勝進出チームが決まりました。

52549626-ff35-402e-a321-74fcfaea4eea_s.jpg

決勝のカードはなんとドイツ・ブンデスリーガの2チーム

バイエルン x ドルトムント

ボルシア・ドルトムントは香川が昨季まで所属していたチーム

バイエルン・ミュンヘンは言わずと知れたドイツの強豪

バイエルンはこの5年間で3回目の決勝進出(2季連続、昨年はチェルシーに惜敗)


今季、ドイツのクラブチーム躍進が目につく

とくにバイエルン・ミュンヘンのサッカーは凄い

威圧感というか、戦術以前に身体能力と強い精神力に驚かされる

準決勝の相手は”あの”バルセロナ

でも、まったく臆することなく2戦(ホーム&アウェイ)合計7−0!

バルセロナが不調気味だったこともあるけど、それにしても世界のサッカーをリードしている最強チームになんと7−0の完勝

このチームの潜在能力の高さに世界が驚きました

そして、来季このチームを率いる新監督はなんと、あの”ジョゼップ・グアルディオラ”

untitled.bmp

紹介するまでもなく、前バルセロナ監督にして、革命的なフットボールを創った名将

この戦力にこの監督が就任する

考えただけで恐ろしい…

必ず成功する保証はないが、率でいえば期待以上の成果が必然的にみえてくる

現監督・ハインケスも名将といっていい人物

ただ現代サッカーの牽引者であるグアルディオラと比べるとやはり見劣りしてしまう

なので、今季の決勝戦より来季のほうが気になってしょうがない…


”ゲルマン魂”

サッカーを知っている方なら誰もが聞いたことある”単語”

簡単に言えば、強靭な精神力を表す言葉としてサッカー用語にたびたび用いられてきた。

諦めない精神、勝利への執念、何度でも立ち上がる”ネバーギブアップ”

この精神が脈々と流れる選手に、今考えられる最高の戦術家が加わる

本当に末恐ろしいチーム


バイエルンを始め、今ドイツサッカーに注目です。

今回のCL決勝がドイツ同士だからではありません。

潜在的にこの国は世界を席巻する可能性がある

目が離せません


                                                           (kuni)
posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月27日

アンマンの憂鬱

ブラジルW杯 アジア最終予選B組 日本対ヨルダン戦

e1e72d4e-231d-4b7f-8a51-1557d6a846f4_s.jpg

結果はご存じのように2−1でヨルダンの勝利

前半終了間際と後半15分の得点で勝負ありました。

前田のバー直撃ヘッド、清武のダイレクトパスから香川の得点、遠藤のPK失敗、岡崎のフリーで左足シュート

このほかにもまだまだチャンスはたくさんありました。

でも、結果は1−2で敗北

試合後のザッケローニ監督「決めるべき時にきめないといけない」

決めれないから負けた

まったくもってその通り

でも僕はもう1つ違う感想を持った


この試合で日本代表に欠けていた部分

それは”戦術的交代の欠如”

試合後のヨルダン監督アドナン・ハマド氏のコメントを聞くとさらに強く感じる

「疲れていた選手を前半で外し、本来のポジションではない選手を元に戻すことで安定させ、戦術理解の高い選手を新しく入れた」

異なるポジションから元に戻し、戦術理解が出来ていない選手を早めに見切る。それも前半で。

勇気がないとできない交代

結果論だが、CKから得点を決めたのはポジションがMFから本来のサイドバックに戻ったバニアテア選手

これこそ戦術的交代と言いたくなる

日本はどうかというと、交代はすべて後半

1人目は2点目を奪われた直後

前田out ハーフナーin

ワントップ同士の交代

ハーフナーの高さを活かしたいというザックの意図

でもこれでハッキリとヨルダン側に戦術が伝わった。ここからは単純掘り込み策なんだと。

2人目はサイドバック同士の交代

酒井高out 駒野in

時間は後半34分

酒井高徳よりも駒野の方がクロスが上手いから?

よくわからない交代でクロスとロングフィードをさらに繰り返す日本

PKを奪った内田の裏への飛び出しみたいなパターンがもっとあれば単純クロスよりも可能性は高いはずなのに、この交代で掘り込み攻撃一辺倒になってしまう

日本の素晴らしいところ、それは選手同士が3角形を作り、パスを繋ぎながら相手DFを翻弄していく技術

それを捨てたらヨルダンにとって怖さはゼロ

そんな状況でもドリブルでアクセントをつけれる選手・乾を投入させたのが後半41分
あまりにも時間がない

日本は日本の持つ特性を捨てた結果、W杯出場最速記録(どうでもいい記録)は達成できませんでした。


一番の敗因はザッケローニ監督とスタッフの戦術論の欠如

33cbd5bd-5041-47e6-876b-24d5b6f54790_s.jpg

ザックはイタリアで鳴らした名戦術家

だからこそこの試合の交代には疑問が多い

結果論ではなく、明らかにヨルダン監督の術中にハマってしました。

原因は決定力だけではない

アウェーであること、ピッチが悪かったこと、暑かったこと

原因は1つではないが、この戦術的な交代の無さは他の原因よりパーセンテージは高いと思う


次はホームでオーストラリア戦

現在の勝ち点をみれば間違いなくオーストラリアは全力で勝ちにくる

試合中、監督が選手に何をしてほしいか、ここからどうするかを伝える術は選手交代にしかない

ただ漠然と選手の質比べをしていては流れは変わらない

たしかに本田と長友不在は痛かった

でも、今いる選手でも充分勝てる相手ばかり

次節でなんとか決めてもらいたいと祈りながら6月まで待ちたいと思います。

                                                         (kuni)
posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 13:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月06日

第9回かほく市制施行記念継走大会

草木も芽吹く雛月

石川県もようやく春の気配を感じられるようになってきました。

そんな春気分の先週末、なぜか雪が降りあいにくの日曜日に「かほく市制施行記念継走大会」に参加してきました。
IMG_20130303_092410.jpg
スタート直前の”釣り吉ショウタくん”

大会は駅伝方式で、気谷の精鋭3名+戦力外1名(私)を含めた計4名でタスキを繋ぎました。

結果は全体の中位くらいで、まさに私が足を引っ張った状態でしたが、とにかくみんな無事完走

雪も”アンカー”の私が走るころには降り止み、気持ちよく走り切ることができました。

IMG_20130303_103039.jpg
なんとか無事ゴール


かほく市制施行記念継走大会

第9回ということは、かほく市が3町合併して9年も経過したということ?

僕がこの町にきたのが16歳(高校通学の為)

その当時はまだ河北郡

それから縁があって、今まで日中はこの町にいます。

高校時代も含めると約四半世紀、かほく市(旧河北郡)にいることになる。

縁深いと言いますか、不思議な巡り合わせです。

そんな意味深いことを考えながら走ったわけではないのですが、市制施行記念とあらためて聞くと感慨に更けてしまいます。

来年は10周年記念大会なんだそうです。

参加するしないは別として、これからもお世話になるであろうこの町の未来に期待が膨らむ今日この頃です。

                                                                (kuni)

応援に来て頂いた皆さん、本当にありがとございました(^^)

ヤマP、写真ありがとう!

posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月05日

日本人の誇り

毎週月曜日、夜10:55からNHK総合で放送されている「サラメシ」をご存知ですか?

働くサラリーマン(に限らないけど)のランチを紹介する番組、略して”サラメシ”

様々な職業の様々な昼食

様々なシチュエーションでの”サラメシ”

放送当初からハマってみています。

朝食でも夕食でもない、昼食だけを紹介する番組

でもこれがなぜか興味深い!

僕は健康?の一環で始めた”一日一食”が生活に定着していて昼食を摂らない日が多いのですが、なぜか惹かれる”他人のランチ”

機会があれば皆さんも見てみて下さい(^^)

そんなサラメシの中で紹介されたある職業が今世界から注目されているそうです。

SBSH1023.JPG

それは新幹線の清掃員の”奇跡の7分間”です。

SBSH1020.JPG
”奇跡の7分”チームのリーダー・小山さん

皆さん、東京駅など新幹線に乗車するため並んで待っている時、赤いジャンパーをきた清掃スタッフを見たことないですか?

折返し運転する新幹線のつかの間の時間、車内をたった7分で清掃する奇跡のチームプレー

日本人の僕達には普段あまり目に留めることはないのですが、外国から来た人々からみたらそれはまさに”奇跡”

外国で電車に乗ったことがないのでわからないのですが、日本だけの習慣なんでしょうか?それともその時間が驚嘆なんでしょうか?
よくはわかりませんが、あらためて見るとその早さ、正確さ、チームワークにホント驚く!

先日この番組を見た後、新幹線の出発時間前に”奇跡”をみようと並んでみました。

いや〜ほんと素晴らしい!見惚れてしまいました

あなたたちは日本人の誇りです!と、思わず叫びたい衝動に駆られてしまいます


奇跡の7分は”奇跡”ではありません

彼女達、スタッフ全員の日々続く鍛錬の賜物が奇跡になっている。

これを忘れてはいけませんよね


日本には普段日本人が気がつかない、日常当たり前になっている礼儀・作法・道徳が存在します。

それはかけがえのない財産

皆さんのまわりにももしかしたら世界に誇れる事があるかもしれません。

探してみましょう、日本人の誇りと素晴らしさを


ということで、”サラメシ”はそんな大切なことに気づくことが出来る番組です


                                                              (kuni)


ちなみにリーダーの小山さんの”サラメシ”はこんなメニューでした
SBSH1022.JPG
posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月24日

偶然見つけた”龍がいた場所”

先日、仕事で京都の繁華街・河原町を歩いていると、見たことある神社を発見

SBSH0983.JPG

これはもしかして土佐稲荷では?

龍馬伝にハマって、今さら坂本龍馬に興味が湧き、番組が終わってからも様々な資料を調べていました。

そのおかげ?で発見することが出来ました。

幕末期、この辺りは土佐藩邸があった場所

ということは、坂本龍馬、中岡慎太郎が絶命した場所・近江屋もこの近くのはず

たしか土佐藩邸と目と鼻の先だったはず

大きな通りに出て、駅の方に向かうと、通りの反対側に発見しました”近江屋跡”

SBSH0984.JPG
コンビニの前にひっそり石碑が建立されていた

ここで二人は絶命したのか…土佐藩邸とは本当に近距離だったんだな…

突然の”暗殺劇”

いや、予想はしていたと思う

それだけ、この時期の龍馬はある勢力からみれば超危険人物だった

奇しくもその日、11月15日は龍馬の誕生日

歴史に”もし”を当てはめたくなる事件

龍馬と慎太郎が生きて明治を迎えていたら…

そう考えさせられる場所

多くの人が往来するその場所で、ひっそりと建つその石碑

その時は誰も目に留めることもなく、立ち止まる人もいなかった

それが悪いわけではないのですが、なにか少し悲しい気分になりました。

SBSH0985.JPG

写真を撮ろうかちょっとためらいましたが、偶然とはいえ自分の龍馬伝学習成果が活きた記念に撮ってきました。

偶然みつけた”歴史が動いた場所”


京都出張に来れてホントよかったと思えた夕暮のひとときでした…

                                                           (kuni)
posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月08日

出初式


日曜日の朝、突然消防サイレンが鳴り轟き、火事か?と慌てて消防電話で確認してみると「本日は出初式の為、サイレンを鳴らしております。ご了承願います。」とのこと

僕は出初式を一度もみたことない(たぶん)ので、どうせならランニングも兼ねて見に行こうかと準備を開始

会場は金沢城址公園内の新丸広場

家を出て、武蔵が辻を周り、南町の裏手を抜け、甚右衛門口から金沢城へ入ろうと思ったら、通行禁止で入れず…

しょうがないので、いもり坂口から入城

本当は大手門か黒門から入城すればよかったのに、なにを思ったかいもり坂へ移動してしまった(-"-)

三十間長屋の横を歩き、意外と急な坂を登り、二の丸広場へ

会場は新丸広場なので結構遠回りしなくてはいけない

五十間長屋がみえた辺りから復元整備工事の為さらに遠回りを余儀なくされ、ほぼ城内を半周

map.gif

ようやく河北門に到着し公園内に入れば大勢の観光客と関係者が見物していました。

今週降り積もった雪が雨で融け、足元はビチャビチャ

馬鹿な私はランニングシューズで観覧していましたが、もう寒くて寒くてつらい…

そんな私の横をフンドシ一枚で待機している消防員の若人たち

dezome6.jpg
一斉放水をフンドシ一枚で行なう恒例行事

みているこっちは寒さを通り越して、もはや痛々しい…

様々な来賓の挨拶も終わり、加賀鳶梯子登りに続き一斉放水で終了

SBSH0967.JPG

年始の風物詩をみることが出来て今年はよかった。

でも、ほんと寒かった…

と、ここまではまだよかった

この後、事件勃発

帰りは大手門から出て、博労町を抜けて近江町を横切ったその時、よそ見をしながら軽く小走りしていたら眼前の景色が90度回転!

ベチャ氷に足を滑らせてまさかの転倒!膝から思いっきりコケちゃいました…

周りを見渡せば観光客の人・人・人

コケた時の痛さより、あまりの恥ずかしさでどうしようかと動揺し、とりあえずスッと立ち上がり、何食わぬ顔で舌打ちし、聞えるか聞えないかくらいの声で「ええんなっ!」とかイキってからその場を全力で退散!

images.jpg
(事故現場周辺イメージ)

200mくらい離れた武蔵が辻の交差点であらためて身体をチェックしたら擦り傷は無し

でも、右膝が動かない…

この200mは全力疾走してきたのに…

恥ずかしい時に出るパワーってやっぱ凄い!

このまま足を引きずってなんとか自宅に帰り、シャワーを浴び、湿布貼りまくって寝ちゃいました…

あれから今日で二日目

まだ痛い(;一_一)

寒いわコケるわ、散々な休日の1コマでした…

皆さんも雪道には気をつけて

                                                     (kuni)
posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月05日

2013年 謹賀新年

明けましておめでとうございます。

今年も何卒よろしくお願い致します。


弊社はいよいよ本日から仕事始め

”さらなる前進の年”と位置づけて、本日よりスタッフみんなと邁進して参ります。

SBSH0949.JPG

今年も私は”元旦継走”から始まりました。


__.JPG

今年もチームくにおは2チームで参加

Aチームはなんと69位(155チーム中)

素晴らしい結果で今年初めをスタート出来ました。

Bチームは…聞かないで(+_+)

SBSH0953.JPG
(ボランティアでゴール係していた星稜高校陸上部員とレース後記念撮影。寒いのにほんとお疲れ様でした)

とにかく、素晴らしい仲間たちに今年も感謝です(^^)

ショウタくん、サカモトくん、ノグッちゃん、本当にお疲れ様!!

ほんと、むちゃくちゃ寒かったね…


午後からは井上家親戚が集まり”テルメ”で宴会
SBSH0962.JPG

温泉とお酒が身に浸みる元旦でした。

2日ははなちゃん家で、3日は自宅でのんびり正月番組観賞

正月休みでこれが一番癒された時間かも?

4日は身体を慣れさせるため、朝からアクティブに行動

これにて正月休み終了

いつも思うけど、年末年始のお休みは31日から一気に加速して過ぎます…

なんでやろ?

とにかく、今年も素晴らしいスタートが切れました。

皆様、本年も何卒よろしくお願い致します。

皆様が健康に過ごせますことを心からお祈り申し上げます。

                                                      (kuni)

今年の”裏”目標

中村俊輔選手を生観戦すること

images.jpg

正月番組にたくさん出ていた俊輔選手を見てあらためて惚れ直した!

あなたの才能がうらやましい…
posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月29日

また季節は巡る

今年もいよいよ大詰め

あと3日で平成24年も終わります。

春夏秋冬

地球の奇跡ともいうべき周期

”冬は必ず春となる”

世の中には絶対はないといいますが、この季節の巡りは必ず誰人にも訪れます。

その季節と同様に、1年365日は必ず始まり、そして終わる

天文学的、科学的、考古学的観点からこの現象は容易に説明できるのでしょうが、もう少し情緒的にとらえたい。

日本人はこの季節の巡りと年末年始の風習を何千年も前から大切にして暮らしてきました。

去る季節、来る季節を敬い、その季節に行なう風習や行事を現在まで繋いできました。

日本人の素晴らしい風習の1つです。

これからもこの風土・風習を大切に、来年も素晴らしい年になりますように

そして、皆様、来年も”気谷”をどうぞよろしくお願い致します。

                                                     (kuni)

posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月25日

来年の楽しみといえば


今日が12月25日

クリスマスですね…

いつからでしょう?クリスマスと聞いてワクワクしなくなったのは…

今はクリスマスに比べ、大晦日や正月の方がワクワクします。


正月といえば…

来年も恒例の「元旦継走」に出ますよ

寒風の中をチームくにおのみんなで襷を繋いで完走を目指します。


チームくにおは置いといて

来年の楽しみといえば…

51JnxM97TfL__SL500_AA300_.jpg

大河ドラマ「八重の桜」も楽しみの一つ

いよいよ1月6日からスタートします。

”ならぬことはならぬものです”

幕末期の会津が舞台で、戊辰戦争の最中、会津・鶴丸城で女性にも関わらず、鉄砲を担ぎ、男装して薩長軍と戦った”ハンサムウーマン”新島八重の生涯を描きます。

主演は綾瀬はるか

予告編でみた映像やCGが本当に凄い!

今年の夏季休暇に会津へ行って来たから、思い入れや期待も大きい

東北復興に繋がればなおいい

大河の良いところは1年間楽しめるところ

放送開始が本当に待ち遠しいです。(詳しくはまた来年)


ということで、いよいよ今年もあとわずか

”今年の汚れ今年のうちに”

某洗剤メーカーのCMではありませんが、来年もスッキリ(?)迎えるべく、もう数日しっかり頑張りましょう!


                                                              (kuni)

先週行ってきた温泉で出てきた”白子の土瓶蒸し”

SBSH0916.JPG
これ、本当に旨い!

和倉温泉・海望は素晴らしい
posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月19日

プロの目


先週、ある染工場へクレームの件で訪問

弊社オリジナルのサテンに傷・汚れが見つかり、自分でもちゃんと原因を把握しなければ!ということで、検査に立ち会いしてきました。

一般的に検反機という機械を使いながら検査するのですが、あくまで判断するのは”人間の目”

2009111214460000.jpg

染た生地を機械にかけ、上下に生地を動かしながら人の目で見ていくわけですが、まぁ〜見なれていない僕にはまったく見えない…

スピードもさることながら、動く生地を俯瞰して見ることって本当に難しい。

そこで働いていた検査担当の女性スタッフの能力にただただ感服しました。


どの世界にもプロは存在します。

僕の会社にもたくさんのプロフェッショナルが存在しますが、そういう方に出会うと本当にシビれます。

”プロの目”は日頃の鍛錬の成果に他ありません

クレームで訪問したのに、最後は感服してしまって、どうか何卒お願い致します的な雰囲気で帰って来てしまった、先週末の出来事でした…

                                                                         (kuni)
posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記