2013年03月27日

アンマンの憂鬱

ブラジルW杯 アジア最終予選B組 日本対ヨルダン戦

e1e72d4e-231d-4b7f-8a51-1557d6a846f4_s.jpg

結果はご存じのように2−1でヨルダンの勝利

前半終了間際と後半15分の得点で勝負ありました。

前田のバー直撃ヘッド、清武のダイレクトパスから香川の得点、遠藤のPK失敗、岡崎のフリーで左足シュート

このほかにもまだまだチャンスはたくさんありました。

でも、結果は1−2で敗北

試合後のザッケローニ監督「決めるべき時にきめないといけない」

決めれないから負けた

まったくもってその通り

でも僕はもう1つ違う感想を持った


この試合で日本代表に欠けていた部分

それは”戦術的交代の欠如”

試合後のヨルダン監督アドナン・ハマド氏のコメントを聞くとさらに強く感じる

「疲れていた選手を前半で外し、本来のポジションではない選手を元に戻すことで安定させ、戦術理解の高い選手を新しく入れた」

異なるポジションから元に戻し、戦術理解が出来ていない選手を早めに見切る。それも前半で。

勇気がないとできない交代

結果論だが、CKから得点を決めたのはポジションがMFから本来のサイドバックに戻ったバニアテア選手

これこそ戦術的交代と言いたくなる

日本はどうかというと、交代はすべて後半

1人目は2点目を奪われた直後

前田out ハーフナーin

ワントップ同士の交代

ハーフナーの高さを活かしたいというザックの意図

でもこれでハッキリとヨルダン側に戦術が伝わった。ここからは単純掘り込み策なんだと。

2人目はサイドバック同士の交代

酒井高out 駒野in

時間は後半34分

酒井高徳よりも駒野の方がクロスが上手いから?

よくわからない交代でクロスとロングフィードをさらに繰り返す日本

PKを奪った内田の裏への飛び出しみたいなパターンがもっとあれば単純クロスよりも可能性は高いはずなのに、この交代で掘り込み攻撃一辺倒になってしまう

日本の素晴らしいところ、それは選手同士が3角形を作り、パスを繋ぎながら相手DFを翻弄していく技術

それを捨てたらヨルダンにとって怖さはゼロ

そんな状況でもドリブルでアクセントをつけれる選手・乾を投入させたのが後半41分
あまりにも時間がない

日本は日本の持つ特性を捨てた結果、W杯出場最速記録(どうでもいい記録)は達成できませんでした。


一番の敗因はザッケローニ監督とスタッフの戦術論の欠如

33cbd5bd-5041-47e6-876b-24d5b6f54790_s.jpg

ザックはイタリアで鳴らした名戦術家

だからこそこの試合の交代には疑問が多い

結果論ではなく、明らかにヨルダン監督の術中にハマってしました。

原因は決定力だけではない

アウェーであること、ピッチが悪かったこと、暑かったこと

原因は1つではないが、この戦術的な交代の無さは他の原因よりパーセンテージは高いと思う


次はホームでオーストラリア戦

現在の勝ち点をみれば間違いなくオーストラリアは全力で勝ちにくる

試合中、監督が選手に何をしてほしいか、ここからどうするかを伝える術は選手交代にしかない

ただ漠然と選手の質比べをしていては流れは変わらない

たしかに本田と長友不在は痛かった

でも、今いる選手でも充分勝てる相手ばかり

次節でなんとか決めてもらいたいと祈りながら6月まで待ちたいと思います。

                                                         (kuni)
posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 13:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
まぁザックにはいろいろと意図を聞きたい事だらけで。

真司くんが“使う人”ってのがまずもって大きなクエスチョン。

タカシ投入のタイミングとか、機能しない前田(別に彼ダケが悪い訳じゃないケド)の見切りのタイミング等。

まぁ、どんな意図があったにせよ、結果から導き出されるこの試合の評価は、
赤点・追試
って事で間違いナシ。


ゲーム全体をオーガナイズ出来る人(本田△)が使えなかった事は差し引かなくてはならない。
ただし、欠場した時の備えを用意するのも、チームマネージメントの一部である事を踏まえると、その要因も看過出来るものでもない。

長い闘いの中での、ホンの1試合の采配ミスならばイイのだが、アイデアの枯渇でナイ事を願うノミです。
Posted by 浪花のひでぞぉ at 2013年03月27日 17:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64100860
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック