2012年06月14日

本田圭祐の存在感

アジア最終予選・日本対オーストラリア

結果は1−1の引き分け
両チームが勝ち点1を分け合いました。
結果はともかく、内容はまさに”エンターテイメント”
でも、これは50%以上、レフリーが作った娯楽

良い意味でも悪い意味でも、審判がゲームを左右することが出来る。
サッカーのルールは意外と曖昧
”GK以外、手を使ってはいけない”
このルール以外、素人にはわかりづらいルールがたくさんある
だから審判も正直大変だと思う

でも、この試合のジャッジは頂けない!
内田へのイエローもそうですが、一番頂けなかったのは試合最後のシーン
ロスタイムギリギリでの日本側FKの場面
本田圭祐がボールをセットし、助走を始めたその時、試合終了の笛が会場に轟きました…
これはさすがにありえない!
だったらFKの前に吹けよ!と言いたくなる
私のサッカー観戦史上、初めて見た光景
正直、笑っちゃったくらい
ホイッスル瞬間の本田選手の表情、たぶん日本中が同じ表情だったと思う
FKを蹴っていれば得点出来ていたとか言うつもりは毛頭ないですが、このジャッジは明らかにおかしい…

でも、これこそがW杯予選
これぞアジア最終予選

これまでもいろいろあったけど、こんな”衝撃”はなかった
でも、こういう試練も吸収しながら進まないといけない

試合自体は最初に書いた通り、エンターテイメントに溢れた好ゲーム
でも、審判によって巻き起きた部分が大きい…
「静かに見守りたい」とか前回ブログで言いましたが、さすがにこの試合は黙っていられません!
でも、これも含めて最終予選
こんな馬鹿なジャッジも覚悟しなくていけません

imagesCAMQHH7S.jpg
そんな試合の中で、やはり光り輝いたのが日本代表・4番”本田圭祐選手”

今や日本どころか、アジアを代表するアタッカー
(この人が星稜高校にいた事実が、今となってはとても不思議感じ)
彼にボールが渡ると何かが起きる予感が身体中から溢れている
このレフティーは出場全選手の中でもかなり異質
でも、不思議と違和感がない
存在感は抜群
でも、他を圧迫している訳でもない
香川にはない部分
もっと言えば、香川に欠けている部分
風貌や言動より、そのプレーから垣間見る”存在感”
ちょっとやそっとで真似出来ない、そんな存在です。

長丁場の最終予選
1年の戦いの中で、怪我やクラブからの召集拒否は必ずある
その時、本田に代わりうる選手の構築、戦術こそが現日本代表の課題
次は9月、対イラク戦
監督は元日本代表監督のジーコ
9月は欧州各国リーグが開幕しています。
本田はもちろん、香川や長友、長谷部に岡崎、宮市、酒井なんかも、もしかしたら呼べないかもしれない
なので、今後は国内組の底上げ、オリンピック組の成長が望まれます。
目標はあくまで2014年ブラジルW杯
今、無理にベストメンバーで戦う必要なんて全然ない。サブの底上げの方がよっほど重要
個々の能力向上を望むなら国内組や若手主体で戦うのも1つ
マスコミやサポーターも同様
毎試合ベストメンバーを揃えろ!では、”12番目”が育ちませんよ
それより、今は”ニュースター誕生”を望みましょう
今、僕たちにも忍耐が求められています。

とにかく、色々あった1戦でしたが、この結果で日本の予選突破はグッと近づきました。

とりあえず、7月のロンドン五輪でニュースターが現れるのを楽しみながら待ちましょう

                                                        (kuni)


T師匠情報:「やべっちFC」でこの試合を予想していた、元日本代表で元ツェーゲン金沢所属の”クボタツ”こと、久保竜彦さんの予想をみてビックリ!久保さんの予想通りの結果!
凄いのひとことです…
SN3R0666.JPG
引退はほんとうに残念…
でも、ホント怖いくらいの予想!
posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56468648
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック