2016年07月04日

魅惑の世界へ ユーロ2016

ユーロ2016フランス大会がいよいよベスト4まできました

61821084c30d8b4ec676da3306ee9b28.jpg

今回から参加チームが16チームから24チームに拡大した為、1か月に及ぶ長いスパンで行われています

ベスト4進出国は地元フランス、2014W杯優勝国のドイツ、タレント揃いのポルトガル、そして番狂わせのウェールズ

今回最大の驚きはウェールズに代表されるように、戦前の予想を裏切るダークホース国の台頭

ウェールズ、アイスランド、ポーランド、アイルランド、ハンガリー、北アイルランド、スロバキア

決勝トーナメントに進出したチームだけみても予想に反したチームの活躍が目立った

逆にイングランド、スペイン、クロアチア、スウェーデンは戦前の期待とは裏腹に、早々に大会を去りました

スペインは3連覇のかかったイタリア戦で”アズーリ”の術中に見事ハマり敗退

イングランドはユーロ離脱の影響?なのか、世界を混乱させたまま小国・アイスランドに不覚をとり終戦

強国と弱小国の狭間はかなり減少しているように感じる大会

ウェールズが決勝にいけるかどうか

ここに注目です

RUSSIA-WALES-1.jpg
コールマン監督の元、ウェールズが快進撃!


今大会で一番強く感じること

それは潮流の変化が垣間見えること

攻撃的なサッカーがここ10年ほど続き、影を潜めていた守備的サッカーがまた台頭

イタリアに代表されるように、守備ができないチームに勝ちあがるチャンスはないほど、時代はまた動き出した

面白いのは、4−2−3−1が凌駕していた時代から4−3−3が席捲している現在、ここにきて3−5−2、5−3−2などの守備的フォーメーションを採用するチームが増えてきたこと

ファッションも数十年ごとにニュアンスを変え戻ってくると言われるが、サッカーも同じ?

90年代を席捲したシステムがまた復権

代表的なチームがウェールズやイタリアなどですが、イタリア戦のドイツも3バックで対抗

ただ、明らかに90年代と違うのは人と人の距離感と、ボール奪取の場所

とにかくプレスの位置が高い

FWから網を張り、コンパクトに陣形を保ちながら上下する

個人能力の高い選手が1人、ないし2人いれば十分で、数人で点数を取り、全員で守る

3−5−2とはいえ、4分割すると3−3−3−1のような陣形

以前の3−4−1−2や3−2−2−2とは明らかに一線を画すスタイル

2トップが横の関係から縦の関係に変わり、ゲームコンダクターはトップ下からボランチ、さらに下がってセンターバックから始まるようになりました

故ヨハンクライフの”トータルフットボール”の意思は残しつつ、守備と攻撃両面でコンパクトに保ちながら連動していく

攻撃の出発点が低く、守備の出発点が高い

またサッカー界は変革期を迎えています

無題.png1.png
イタリア代表コンテ監督 戦前の予想を覆すリアリズムサッカーでイタリア躍進の立役者、今回で代表監督を辞任し今期からプレミアリーグのチェルシーで指揮を執る


6日から準決勝が始まります

ドイツ有利とみている僕にとって、個の力があるウェールズとポルトガルが怖い

フランスの地の利も脅威

参議院選挙と同日の7月10日に決勝が行われます

眠れない夜ももう少しで終わります

嬉しいような寂しいような…

                                     (kuni)


posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175937558
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック