2015年01月22日

大願成就

”夢にまでみた光景”

昨年も同じこと言ったけど、今回はその夢がなんと叶った

第93回全国高校サッカー選手権大会 決勝

石川県代表 星稜高校 X 群馬県代表 前橋育英高校

両校とも優勝すれば初

激戦は延長の末、4−2で星稜高校初優勝!

PK2015011302100019_size0.jpg
川崎監督が不慮の事故で指揮官不在の中、よく団結してここまで勝ち上がった

正直、去年より、もっといえば本田圭祐時代よりも今回のチームは期待が薄かった(と思う)

それがあれよあれよという間に準決勝進出

準決勝も完勝し、2年連続で決勝進出

川崎監督の不在を逆にチカラに変え、団結力で次々と強豪を突破

DSC_0673.JPG

このレベルにくると、技術、戦術より精神力が一番大切

圧倒的な出足と前への意識が素晴らしかった

54b48ade-7e1c-4790-9fd3-109ed3093d95.jpg

昨年の決勝、富山第一戦(今思い出してもなんて素敵な決勝カードでしょうか)、終了間際に追いつかれ、延長で逆転され優勝を逃しました…
今年は昨年の苦い教訓を生かし、リードしていても安住することなく、2点、3点、4点とゴールを目指すメンタルが見て取れた


”苦難を乗り越えた人だけが幸福になれる”

いにしえの賢人の言葉にもあるように、昨年の苦い経験を見事生かしました

石川県人はプライドが高く保守的、あまり積極的に前に出ていかない

ある広告代理店の方から「石川県にコンサートにきてもなぜか盛り上がらない。ミュージシャンには有名なあるある」と聞いたことがある

では今回積極的に前に出て行けたのはなぜ?

僕は他県のメンバーの恩恵だと思う

「純県人チームではない」「他県選手が多すぎる」という人がいますが、たくさんのプラスもあることを忘れてはいけない

よくぞ石川に来てくれたと僕は心から思う

そんなこといったら前田の殿様も愛知県辺り出身ですから

まさに星稜はとても県人らしからぬ積極性で優勝を勝ち取りました


全国の子供たちが星稜高校に憧れてサッカーをする

ぼくたちが憧れた国見や帝京、清商、鹿実の時のように

それがなにより誇らしい

生きているという事は素晴らしい事だとあらためて思う

こんな瞬間に立ち会えるのだから

とにかく、涙涙の優勝でした

星稜高校サッカー部の皆さん、ほんとうにおめでとう!

                                                                                                            (kuni)
posted by 小ロット・サンプル縫製kunio-kunio at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112443747
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック